結婚願望と各々の理想

若い時の結婚に対するあこがれは一体どこからくるものなのでしょう?
私は現在29歳で旦那さまが一人に子供が二人、犬が一匹の家庭構図ですが、そもそもウエディングドレスなどへのあこがれは全くと言っていいほど「無」でした。
式等も堅苦しいのは嫌…と言った気持ちでウエディングフェアなどが開催されていても食いつくことはありません。

女性側からすると結婚は=子供を産む→そしてママになると言うシナリオがほとんどだと思います。
もちろんそう出来ない人、望まない人もいるとは思いますが。

しかし男性にとっては?どうなのでしょう??
正直、女の私から見ても負担は増えるし、稼いだお金は自由に使えなくなる、遊びに行くにも飲みに行くにも多少は家庭を気にする必要が出てくる…。
勿論、家事はともかくとして育児は女性だけに押し付けるという考えは個人的にタイプではありませんが、育児に中々積極的になれないのが男性の脳というものだとも思います。

昔でこそ「男は稼いで、女は家庭を守る」「男の浮気には目をつむるのが出来た妻?」的な風潮はありましたが、その「言葉」だけが残り本来の意味を履き違えているのでは?と思うところがあります。

女性がしっかり家庭内のことを仕切って切り持つことで男性は安心して外で仕事ができ、例え外でよその女性に目が行ってしまっても妻を、家庭をしっかり守って大事にしてくれるから女性は浮気にも目を瞑る…。

こう考えると、昔はいい男が多かったのではないかなー?と思えてしまうところですね。